FC2ブログ

記事一覧

手根管症候群と断端形成術

ここ2年位、右手が痺れるんです。

10年前だったか、全く同じ症状が出まして脳からきているのかと心配になり、

近所の《脳神経外科》を受診。
○○が老化で云々と言われた記憶があるけど、脳では無かった。

次に行った病院が《整形外科》でして、即病名が分かりました。

《手根管症候群》です!!

病名が分かり、ネットで調べたらドンピシャの症状で、
紹介状を頂き、総合病院で、
生まれて初めての《手術》を受けました。

手のひらの小さな手術だったんだけれど、オペ室へ。
いやぁメッチャ怖くって、
勿論一人で行っていたので不安を口に出す事も出来ず。

局所麻酔でしたが、右腕はダラ〜と下がったまま。
服も着替えられず、困った記憶があるんだけど、
日帰りオペだったので仕事終わりの子供に迎えに来て貰い帰宅した記憶が。

今の右手の痺れも多分同じ手根管症候群だと思うんです。
再発するみたいです。


さてさて、元夫さん。
昨日病院へ手術の説明を聞きに行ったのですが、
「オペ室が空きそうなのでこれから手術しましょう」と。

金曜日の予定が、昨日火曜日18時過ぎにオペ室へと。
⬆︎
この時点で私はとっとと帰宅しました。
⬆︎
急変した時は駆けつけると伝えていますが、
不死身なので急変なんて有り得ないですよ。


さて、
昨日の先生との会話からですが、

本当は足を切断した方が治りも早いしベストなんだ。
が、
既に片足の無い元夫の為にせめて踵は残してあげたい。
依って、
辛うじて残ってる足先の壊死した骨や皮膚を切除を決行。

って感じです。

20180509085250984.jpg




先生、本当に有難う御座います。
自己管理ができず好き放題生きてきた元夫に、
温情をかけて頂き感謝しか無いです。

今朝元夫に電話したら、
23時に病室に戻って来たそうです。
メッチャ痛くって
「もう二度と手術はしないぞ!」らしいです。

骨を削ったり、皮膚を切るなんて、想像しただけで恐怖だわぁ。

糖尿病はこ、こ、怖いです!!









スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みんみん

Author:みんみん
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

フリーエリア

FC2カウンター

フリーエリア